すずのや様

飲食店の売上アップの方法は?成功事例や集客についても紹介

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、飲食店はこれまでにない打撃を受けています。

閉店を余儀なくされている飲食店も多くあり、どれだけ集客率アップを目指せるのかどうかがポイントとなってきます。

 

同時に売上アップをさせることも課題になってくるわけですが、実際に売上アップさせる方法が具体的にわからない人も多いのではないでしょうか?

 

そこで、本記事では、飲食店の売上アップの方法についてご紹介していきます。

成功事例や集客についても紹介していますので、飲食店の経営を考えている人はぜひ、ご参考にしてください。

 

飲食店売上アップのポイント

どれだけいいお店で知名度があっても、立地が悪ければ売上も必然的に下がってしまいます。

 

客単価ももちろん大切ですが、来店客数や知名度など複数の要素が重なって最終的に売上につながっていきます。

 

長期的にみる必要はありますが、売上アップのためには売上に関する細かな要素を1つずつ分析して要因を分析することが近道になるでしょう。

 

飲食店で集客が重要な理由

飲食店に関しては、集客率をアップさせることが最大の課題になってくるわけですが、集客率が重要なことには理由があります。

 

飲食店の売上は来店客数と客単価で構成されているため新規顧客や、リピート率を増やすことで売上アップに直接つながります。

 

現在は、お客様の来店をただ待つだけでは生き残ることはできません。

早急に集客率アップを目指していく必要があります。

飲食店における集客のポイント

実際に集客率アップのための施策をおこなっていく前に、いくつかのポイントをおさえておく必要があります。

既存顧客の分析

まずは、既存顧客の性質やニーズなど、細かな分析をおこなっていくことが大切です。

お店のコンセプトとお客様のニーズが合っていなければ、経営を継続していくことはできません。

 

しかしながら実際は、完全にお客様のニーズと合致しているお店のほうが少ないのが現状です。

 

お店とお客様のズレを出来る限り小さくすることが、ポイントになります。

お客様のニーズを把握するためにはアンケートを実施して、定期的に分析をおこなっていくことが重要です。

ターゲット層の明確化

新規顧客を獲得していくためには、ターゲット層を明確化することも大切です。

若者をターゲットにするのか、主婦層をターゲットにするのかによって、お店のコンセプトも変わってきます。

 

既存顧客を分析するのと同時に、どのような層をターゲットにしてアプローチしていくのかを検討していくといいでしょう。

飲食店における具体的な集客方法

それでは実際に、飲食店において集客率をアップさせるためにはどのような方法を実施すればいいのでしょうか?

お店のアピールポイントの明確化

特に飲食店に関しては、ほとんどのお客様の場合、訪れるお店を決めていません。

そのため、お店のアピールポイントを明確化して店頭にてどれだけお客様を呼び込めるかどうかが、ポイントになります。

 

単純な看板だけでは不十分なため、ポスターやのぼりなどお客様の目を引く工夫が必要です。

 

期間限定メニューや、本日のおすすめを提示するのも効果的です。

店頭での宣伝であればコストをかけずにおこなえるので、初期のお店のアピールとしてはおすすめです。

SNSの活用

現代において、SNSを活用することは必須となっています。

しかしながら、ポスターなどとは異なり、SNSはすぐに効果が出るわけではなく長期的にみる必要があります。

 

SNSを実際に活用するためには、まず、フォロワーを増やさなければなりません。

毎日、必ず情報をアップするようにしてコツコツとフォロワーを増やしていくことによって、最終的にはポスターやのぼりよりも効果を発揮します。

ポイントカードの作成

ポイントカードは既に時代遅れという考え方もありますが、まだまだ需要はありリピート率アップにも非常に役に立ちます。

 

確かに実際のカードにスタンプを押すなどの方法だと、財布の持ち物も増えるため敬遠されがちですが、スマホアプリによってポイントカードを作成することでお客様にも気軽に利用してもらうことが可能です。

 

なかには、お店でポイントカードを保存してくれるところもあるので、お客様にポイントカードの煩わしさを感じさせないようにすることで、お店に対するリピート率もアップします。

売上アップのためのプラスアルファのアイデア

ここまでは、おもな売上アップのための集客方法についてご紹介してきましたが、さらにプラスアルファのアイデアについて紹介していきます。

期間限定メニューの開発

期間限定メニューを開発することによって、このお店にはこの季節にしか味わえないものがあるという理由でお客様を呼び込むことができます。

 

継続的に期間限定メニューを開発していくことで、この季節になったらこのお店にいこうというような意識づけができるので定期的にお店をリピートしてもらえるようになります。

テイクアウトやデリバリーサービスの提供

テイクアウトやデリバリーサービスを導入するというのも、1つの手段です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、店舗だけで経営をしていくのは難しい状況です。

 

現在は、ウーバーイーツや出前館などデリバリーサービスが多く普及しているので、デリバリーによってお店の味を知ってもらうことで、何かイベントがあったときに実際に店舗にいってみようという誘導につなげることもできます。

 

感染予防として、おうちで食事をしようと考える人も多いため、テイクアウトやデリバリーサービスを導入して、お店から離れたところに住んでいる人にもお店を知ってもらう機会を増やすことが重要です。

効果的なキャンペーンの実施

飲食店において割引キャンペーンは当たり前だと思われがちですが、効果的に割引キャンペーンを実施することで集客率アップにつながり、売上アップにもなります。

 

10%割引よりも、デザート1種類無料というほうがお客様が感じるインパクトは大きいと思います。

 

お店のコスト負担の割合としてはあまり変わらないので、それであればお客様の興味を引くようなキャンペーンを効果的に実施したほうが効果もアップします。

売上アップした企業の成功事例

ここまでは売上アップのための効果的な方法をご紹介してきましたが、実際に売上アップに成功した企業は存在しているのでしょうか?

 

効果的なキャンペーンの実施による売上アップ

実際に、効果的なキャンペーンを実施して売上アップに成功した企業もあります。

10%割引キャンペーンをかなりの頻度でおこなっていたものを、常連さんになってもらえれば10組に1組無料というキャンペーンにしたところ、お客様の反応がよくなり結果的に集客率もアップし、売上アップにもつながりました。

定期的なアンケートの実施で売上アップ

アンケートに回答してくれれば、ドリンク一杯サービスという特典をつけて定期的にアンケートを実施したことによって、売上をアップさせた企業もあります。

 

あんけによって定期的にお客様の意見を取り入れて、お店のコンセプトを崩さないかたちでそれを実現することでお客様の満足度もあがって、売上アップにもつながりました。

長期的な視点で集客をおこなうことが大切

飲食店で大切なのは、目先の売上ではありません。

確かに、最終的には売上アップが重要なのですが目先の売上だけを追いかけてしまうと、急激にコストをかけることになり、ほとんど効果も出ずに失敗してしまいます。

 

長期的な視点で集客率アップを目指すことで、自然と売上アップにもつながります。

 

コツコツと確実な施策を実施して、効果的な集客をおこなってみてください。

Categories:

Comments are closed