売上アップの方法は?成功事例やアイデアも紹介

店舗経営をしていくうえで、売上アップは最大の課題です。

どのジャンルにおいても店舗の生存率は低いのが現状で、継続していくためにただ経営していくだけでは生き残ることはできません。

 

しかしながら、実際に売上アップをするとなると難しくなってくることもあります。

売上アップをしていくためには、実際にどのようにしていけばいいのかわからない人も多いでしょう。

 

そこで、この記事では、売上アップの方法について詳しく紹介していきます。

実際の成功事例やアイデアについても紹介していますので、お店の売上アップについて気になっている人はぜひ、ご参考にしてください。

 

売上アップには戦略が大切

売上アップをするためには、戦略が必要不可欠です。

店舗経営には安定した収入化も大切ですが、新規顧客を獲得しながらリピート率をアップさせることが売上アップに直結します。

 

どれだけ売上アップに関連した具体的な経営戦略を立てられるかどうかが、重要になります。

具体的な売上アップの方法は?

戦略を立てなければならないのはわかりましたが、具体的に売上アップをしていくためには、どのような方法を実施していけばいいのでしょうか?

新規顧客の獲得

当然、開業したら新しいお客様に来店してもらわなければ始まりません。

まずは、新規顧客の獲得が課題になります。

 

チラシやブログ、SNSをフルに利用して極力、宣伝広告費がかからないようにお店をアピールしていくことが大切です。

 

また、予約サイトを利用して誰でも気軽に店舗情報を確認して、予約ができるようにすることで集客率アップにもつながります。

リピーターの集客

どれだけ新規顧客を獲得できたとしても、継続的にお店に訪れてもらえなければ意味がありません。

 

1度きりの来店だけで競合他社に流れてしまうというのは、避けなければなりません。

定期的な期間限定キャンペーンのメール配信や、クーポン配布などお客様を飽きさせない工夫が必要になります。

 

予約特典や、ポイントカードの発行なども1つの手段かもしれません。

マーケティングへの注力

お店の宣伝だけで集客をおこなうのには限界があります。

さまざまな角度からマーケティングをおこなって、アプローチしていく必要があるでしょう。

 

お店のアピールだけでは効果が薄いので、来店してくれたお客様に対して紹介者キャンペーンを実施するのも1つの方法です。

 

それと同時に他社との差別化を図り、お店の独自アピールをおこなってお客様の目を引くことが大切です。

お客様アンケートの実施

お店の独自路線を追求していくのも大切ですが、お客様アンケート等を実施して意見を取り入れていくのも効果的です。

 

お客様が求める商品やサービスを提供することによって口コミや評価もあがり、結果的に売上アップにつながります。

商品単価の検討

どれだけ商品やサービス価値が高くても、それがお客様にとって手を出しやすい価格でなければお店を利用してもらうことはできません。

 

お客様が求める商品単価ばかり追求しても利益が出ないので、市場調査もおこないながら価格設定を定期的に見直すことが重要です。

売上アップにはブランディングも重要

ここまでお店のアピールやマーケティングについてお話してきましたが結論として、どれだけお店のブランディングができるかどうかが、売上アップのポイントになります。

 

どれだけ他社と差別化を図り、自社のサービスや商品にプラスアルファの価値を見出せるかが大切です。

 

長期的なブランディングをおこなうことで、最終的な売上アップを目指すことができます。

 

ブランディングのマーケティングの違いは?

マーケティングは競合他社の商品やサービスの市場調査を徹底的におこない、商品価値を高めて売上アップを目指します。

 

一方、ブランディングは、とにかく自社の商品やサービスを顧客に意識づけしてもらい、独自コンテンツを確立することを指します。

売上アップのためのプラスアルファのアイデア

ブランディングやマーケティングによって戦略を立てることももちろん大切ですが、さらにプラスアルファの要素を使って売上アップを目指すこともポイントになります。

googleストリートビューの活用

売上アップのためには、googleストリートビューの活用も非常に効果的です。

googleストリートビューは360°パノラマ映像を使って、店内の雰囲気や設備を体験できるので、新規顧客獲得にも役立ちます。

 

道案内や集客率アップなども見込め、個人でも簡単に導入できるのでメリットもとても多いサービスです。

人材育成への注力

お店を実際に利用した場合、お客様の印象に残るのは商品やサービスだけではありません。

そこで働く従業員の印象や、接客サービスの内容も同等に印象に残ります。

 

どれだけ商品やサービスがいいものでも、接客態度が悪ければお店のリピートは見込めません。

 

お店のブランディングやマーケティングと同様に、店舗の人材育成カリキュラムをどれだけ確立できるかが重要になります。

 

接客対応だけでなく、電話やメール対応1つとっても細かなケアが必要です。

売上アップした企業の成功事例

ここまでは具体的な売上アップ方法についてご紹介してきましたが、実際に売上アップに成功した企業は存在するのでしょうか?

シンプルなホームページ改造による売上アップ

シンプルに企業ホームページを改造したことで、売上アップに成功した企業もあります。

TOPページにアニメーション効果を加えたり期間限定ページの作成、店舗の紹介動画の追加など少し変化を加えるだけで、集客率とともに売上アップにも成功しています。

コロナ仕様の店舗改造による売上アップ

特に飲食店においては、新型コロナウイルス感染拡大の影響ははかり知れません。

そこで、ウィズコロナということで少人数制の店舗経営に切り替えたことで、売上アップした企業もあります。

 

大人数であると感染を懸念して来店を避けてしまうことが多いので、少人数に限定した来店形式にすることで自然とソーシャルディスタンスもおこなうことができます。

 

また、個室を増やすことで売上アップに成功した企業もあります。

戦略を立てて効率的な売上アップを

売上アップのためには、具体的な戦略を立ててお店もお客様も満足するような経営をしていくことが大切であることがわかりました。

 

売上アップだけを追求してしまうと、お店のクオリティも下がってしまうため、売上はそこに付随するものとして考えることが重要です。

 

googleストリートビューなどのサービスも活用しながら、ブランディングとマーケティングを並行しておこなっていきましょう。

 

緻密な戦略を立ててぜひ、効果的な売上アップを目指してみてください。

Categories:

Comments are closed