マーターポートで代理店を選ぶ時のポイントは?おすすめ制作会社も紹介

現在は、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、VRを利用したサービスやオンラインによる店舗見学や不動産の内見など、ネット完結のサービスが増加しつつあります。

 

オンラインコンテンツが流行しつつあるなかで、注目されているのがマーターポートというサービスになります。

 

しかし、マーターポートとはなんなのかまた、どのように利用するものなのかわからない人も多いのではないでしょうか?

 

そこで、この記事では、マーターポートのサービス利用において代理店に依頼する際のポイントについてご紹介していきます。

 

おすすめのマーターポート制作会社についても紹介していますので、マーターポートサービスの導入を検討している人はぜひ、ご参考にしてください。

 

マーターポートとは?

そもそも、マーターポートは簡単にいうと、内部を3Dスキャンすることによって360°自由な角度から客観的に3D模型データとして作成できるサービスです。

 

そのため、施設やイベントの宣伝や物件の内見など、さまざまな場面で活用することができます。

 

PCやスマートフォンなどさまざまな媒体で使えるので1度、マーターポートを制作してしまえば誰でも気軽に利用できます。

 

ホームページ等にも埋め込むことができるので、サービスのアピールもおこなえます。

マーターポートのメリット

それでは実際に、マーケティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

だれでも簡単に撮影できる

マーターポートについては比較的、誰でも簡単に撮影することができます。

専用アプリさえ利用してしまえば、特別な操作もなくカメラ撮影できるので初心者でもすぐにマーターポート制作をおこなえます。

高速かつ高画質な撮影が可能

マーターポートの撮影データに関してはクラウド上で形成、保存をおこなうので高速でスムーズなデータ利用が可能です。

また、マーターポートは4K対応もしているため、高画質で細部までリアルにみることができます。

マーターポート制作会社を選ぶときのポイント

いくらマーターポートが比較的、簡単に制作できるとはいえ、やはり、制作会社に依頼したほうがいいという考え方もあります。

 

そこで、こちらでは、マーターポートの制作会社を選ぶときのポイントをご紹介していきます。

撮影価格

マーターポートの制作価格に関しては、会社によってバラつきがあるというのが現状です。

各会社とも○○㎡あたり○○万円というような価格設定にしていることが多いです。

 

マーターポート制作については実際の撮影料金だけでなく、撮影データの編集費用や出張費用など追加料金も当然、発生します。

 

それらの価格を総合的にみて、制作会社を選択するのも1つのポイントです。

しかしながら、マーターポート制作は撮影箇所やデータ編集箇所によってもクオリティや価格に差が出ます。

 

そのため、単に価格が安いからその制作会社がいいわけでなく、撮影の仕方や編集のクオリティなどさまざまな要素を加味して総合的に価格を判断するのが重要です。

撮影データのクオリティ

マーターポート撮影は、撮影ポイントごとに内部の3Dスキャンによっておこなっていきます。

 

ポイントごとに撮影したデータをつなぎ合わせて1つの3Dデータに生成していくため、ポイントが増えれば増えるほど撮影の難易度は上がります。

 

また、撮影に使用するカメラによっても画質が変わってくるため、マーターポートのクオリティに大きく影響してきます。

 

さらに、データ編集の際に文章や画像を埋め込んだり、明るさ調整をしたりなど編集技術もマーターポート制作では重要になります。

 

逆に、マーターポート撮影が終了したあとのほうが、さらに微調整をしたり要素を追加したり、打ち合わせをおこなったりなど手間や作業工程が増えます。

 

そのため、撮影の質だけでなく、撮影後の編集も質を含めてクオリティを判断する必要があります。

撮影スキル

価格やクオリティだけでなく、撮影自体のスキルもポイントになります。

当然、撮影ポイントも多くなりますので、どのようなスケジュールで撮影を進めていくのかというのも大切になります。

 

撮影現場も施設やイベント会場、不動産などさまざまあります。

そのため、それなりの現場経験も必要です。

 

撮影は1度で完了するようにしなければ、再撮影となると手間もコストもかかるのでスキルが重要になるのです。

 

現場によっては撮影時間も限られてくるため、正確なスケジュールをたてなければなりません。

 

撮影環境も含めて、完璧に撮影を完了できる制作会社を選択することが大切です。

マーターポートならCUBICBITがおすすめ

株式会社Vamolaが展開する3Dパノラマ事業「CUBICBIT」では、皆さまが経営している店舗や宿泊施設などをパノラマツアーできるサービスを展開中です。

 

従来のパノラマは平面での移動が基本でした。しかし、CUBICBITでは3D画像でパノラマツアーができるため、より臨場感を感じてもらいやすくなります。GoogleのストリートビューやGoogleマイビジネスからの集客が見込めるようになるのです。

 

実際にどのように見えるかは、こちらからご確認いただけます。

 

費用感、スケジュール感につきましては、お気軽にお問い合わせください。

 

マーターポートを活用して効率的なPRを

マーターポートに関しては、メリットを把握して場面に適した活用をおこなえば、非常に便利なサービスであることがわかりました。

 

確かに、マーターポートは個人撮影も可能ですが、やはり、代理店とはクオリティも異なりますし、代理店に依頼したほうがいいケースもあるでしょう。

 

ただ、代理店を選ぶ際にもマーターポート制作の目的に合ったところを選ぶ必要があります。

 

適切な代理店を選択して、マーターポートを活用した効率的なPRをおこなってみてください。

Categories:

Comments are closed