オフィスのおしゃれなレイアウトとは?事例やデザインのポイントも紹介

オフィス空間というのは、とても大切です。デスクの配置1つで社員の方の業務に対する集中力や快適さを左右し、業務効率アップにもつながります。

 

せっかくなら快適で機能的なオフィス空間をつくり、企業自体の業績アップにまでつなげていきたいところですね。

 

そこで、この記事では、オフィスのおしゃれなレイアウトについて紹介していきます。

事例やデザインのポイントについても紹介していますので、オフィスレイアウトを考えている人はぜひ、ご参考にしてください。

 

働きやすいオフィスレイアウトをおこなう

オフィスレイアウトをおこなう際は当然、そこで働く人が働きやすいと感じるようなものにしなければなりません。

 

以前までは、企業の方針が働きやすさを決めると言われていましたが現在は、オフィスレイアウトにこだわることが効果的だといわれています。

 

オフィスレイアウトをおこなってスムーズに業務をおこなえるようにし、従業員のモチベーションをアップさせることが重要になります。

企業コンセプトを反映したレイアウトが重要

確かに、オフィスレイアウトは働きやすさをきめるうえで重要です。

しかし、ただ、オフィスレイアウトをおこなえばいいというわけではありません。

 

企業コンセプトを崩すような内装や家具、レイアウトをしてしまうとオフィスを訪問するクライアントにも悪印象を与えてしまいます。

 

企業コンセプトも上手に反映しつつ、快適なオフィスレイアウトをおこなうのが大切です。

オフィスレイアウトのポイント

それでは実際に、オフィスレイアウトをおこなっていくうえでのポイントにはどのようなものがあるのでしょうか?

応接室を最初に検討

応接室というのは、会社を訪れた人が1番、長くいることになる場所です。

企業のエントランスと同様、清潔感を保ちつつ、自社をアピールできるようなレイアウトにするといいでしょう。

 

しかし、そこにいる時間が長いということは逆にいえば、細かい部分も見られてしまうということです。ホコリがたまっていたり、コンセントが整理されていなかったりという部分は特に注意が必要です。

 

それだけで悪い印象を与えかねないので、慎重におこないましょう。

ゾーニング

ゾーニングは、建築やインテリア関連で使われる用語で、おもに空間や家具の使い方における配置を決定することを指します。

空間ごとに機能やそれぞれの用途に適した配置設計をおこない、それぞれの空間に必要なスペースや配置を1つのゾーンとして各ゾーンの関係性を上手く調整しながら空間デザイン全体の設計を決めていくことをゾーニングといいます。

オフィスの設計においては、パブリックスペースやプライベートスペースがそれに該当します。

オフィスとひとことに言っても、作業内容や用途によってそれらをおこなうためのエリアは異なります。

エリアのゾーニングをどのようにおこなっていくかが、オフィスにおける重要ポイントとなります。

ゾーニングをおこなう際には、どのようなエリアを設ける必要があるのかというのをあらかじめ抽出し、それに沿って検討していく必要があります。

各エリアがお互いに悪影響を及ぼさないように、関係性を考慮することが大切なのです。

密集させた方がいいエリアもあれば、逆に離れた方がいいエリアもあります。

例を挙げると、会議室などがそれに該当します。

動線計画

導線に関しては出来る限り複雑にはせず、スムーズに行動ができるようにすることがポイントです。

導線が非効率であると人が無駄な動きをしなければならず、業務も効率良くおこなえなくなってしまいます。

オフィスにおいては、ただデスクワークをするだけではありません。業務に関係するさまざまな設備を行き来しなければなりません。

そんな設備をスムーズに使うためにも、シンプルな導線というのが必要になってくるのです。

収納スペースの確保

おしゃれなオフィスレイアウトにするためには、収納スペースの確保についても検討する必要があります。

 

事務用品や書類が乱雑にオフィスに置かれてしまっていると清潔感も欠けてしまい、結果的に無駄なアイテムや情報があることになります。

 

するとオフィスイメージが下がってしまうだけでなく、業務効率も下がってしまいます。

オフィスの内装を損なわないように適度に収納スペースを確保することが大切です。

おしゃれなオフィスにするためのデスク配置型

オフィスで働くうえでは、デスクがなければ始まりません。

おしゃれで清潔なオフィスをつくりあげるためにも、デスク配置もレイアウトのポイントとなります。

対向型

対向型レイアウトは、同じチームメンバーがデスクを向かい合わせにしてグループをつくって構成するスタイルです。

 

作業に集中するという意味では生産性は少し下がると思いますが、コミュニケーションの活性化が最大のメリットです。

背面型

従業員同士がお互いに背中合わせになるようにデスクを配置するスタイルになります。

作業は1人で集中しておこなうことができ、振り向けばすぐに他の従業員とコミュニケーションを図れるので効率的に業務をおこなえます。

ブース型

こちらはデスクの周りをパーテーションやパネルで囲い、個別の空間をつくりあげるレイアウトです。話し声や雑音、視線においてもシャットアウトできるため、すべてのレイアウトの中で最も個人の作業に集中することのできるオフィスレイアウトと言えるでしょう。

 

そのため、向いている職種としてはシステムエンジニアや、Webデザイナー、Webライターなど個人作業が可能な職種に向いています。それ以外のコミュニケーションを頻繁に必要とする職種に関しては、こちらのレイアウトは不向きです。

フリーアドレス型

フリーアドレス型のデスク配置は、勤務する社員1人1人が決まった固定の席を所有せず、その配属先のフロア内にあるデスクを自由に選択して業務をおこなうことができるかたちです。

 

少し前までは固定のデスク仕事をするというのが普通でしたが、いつも同じデスクだと関わっていく周りの人も変わらず、社内全体のコミュニケーションが不足するという課題もありました。また、同じデスクだと風景も同じということで作業効率も下がってしまうというのが懸念でした。

 

フリーアドレス型は、部署の垣根を越えて会社でまとまりを持って仕事をしていくことが可能なかたちとなっています。

おしゃれなオフィスレイアウトの事例

それでは実際に、おしゃれなオフィスレイアウトを導入している企業の事例はあるのでしょうか?

カフェ風のオフィスレイアウト

オフィスをカフェとしてレイアウトして、ゆったりとリラックスした気持ちで業務をおこなえるようなコンセプトにしているオフィスです。

 

PC作業となるとカフェを訪れて作業したいという人も多いと思います。

そんな従業員の要望を取り入れて、オフィスレイアウトをカフェ風にした企業になります。

 

これにより業務効率もアップし、コミュニケーションも活性化しました。

仮眠スペースを含めたオフィスレイアウト

作業をしていると、どうしても疲労は蓄積していきます。

そうなると作業効率も下がってしまうので、適度な睡眠が有効的です。

 

ですが、通常は仮眠スペースを設けている企業はあまりありません。

しかしながら、畳張りの仮眠スペースをオフィスレイアウトに盛り込むことで、集中力とともに作業効率アップにも成功しています。

おしゃれなオフィスレイアウトで企業イメージアップ

オフィスレイアウトは働きやすさだけでなく、業務効率にも影響することがわかりました。

 

おしゃれなオフィスにすることによって社員のモチベーションもアップして、企業全体の生産性もアップします。

 

おしゃれなオフィスレイアウトをすることで、企業のイメージアップにもつながります。

 

快適でおしゃれなオフィスレイアウトを計画して、業務効率化や生産性アップを目指してみてください。

Categories:

Comments are closed