Googleストリートビューの更新頻度は決まっている?更新方法についても解説

Googleストリートビューは、まだ訪れたことのない場所やお店をリアルに確認できるサービスです。

 

自分の居住地の周辺や、知っている土地をストリートビューで1度は確認したことのある人もいるでしょう。

 

そこで気になるのが、Googleストリートビューはどれくらいの頻度で更新されているのかということです。

 

この記事では、Googleストリートビューの更新頻度がどのくらいなのかについてご紹介していきます。

 

更新方法についても紹介していますので、Googleストリートビューに関して気になっている人はぜひ、ご参考にしてください。

 

Googleストリートビューの更新頻度は決まっている

結論として、Googleストリートビューの更新頻度は決まっています。

 

Googleで更新頻度が公表されていないため、正確な日にちを知ることは難しいですが、都市によって以下のような目安の想定は可能です。

 

  • 人口の多い都市部:約1年で更新
  • 人口の少ない地方都市:約2~3年で更新

Googleストリートビューとは

Googleストリートビューは、Googleマップを使用しているユーザが実際にその場所に訪れたかのような視点でスポット体験ができる機能です。

 

Googleストリートビューでは、さまざまな角度で撮影された何枚もの画像を立体的につなぎ合わせて、360°のパノラマ映像を再現しています。

 

屋外のGoogleストリートビューはGoogle社のストリートビュー専用車やバイク、スノーモービルなどを使用して撮影をおこないます。

 

また、お店や施設が自身で撮影をおこなってGoogleストリートビューに掲載してもらうケースもあります。

Googleストリートビューの撮影種類

Googleストリートビューには、以下の2種類の撮影方法が存在しています。

 

  • Googleによる撮影
  • 個人撮影

Googleによる撮影

1つはGoogleによる撮影です。

 

Google社が直接、専用の撮影車や徒歩などで撮影していきます。

街中で特殊な機械を車体に設置した車を見たことのある人もいるでしょう。

 

それが、Googleの専用撮影車です。

車体には360°対応のカメラが設置されていて、リアルタイムで撮影していきます。

 

また、このカメラにはバックパック版もあり、狭い道などで車が入れない場合にはカメラを背負って徒歩で撮影をおこないます。

個人撮影

一般ユーザであっても撮影した映像をGoogleストリートビューに公開することが可能です。

 

Google社が直接、撮影をおこなったストリートビューに関しては定期的に更新されますが、一般ユーザが公開したストリートビューは更新頻度が低くなっています。

Googleストリートビュー個人撮影の方法は?

一般ユーザでもストリートビューを公開できるとはいえ、個人で撮影するとなると難しいのではないかと思った人もいるでしょう。

 

しかし、個人であっても比較的、簡単に撮影や更新をおこなうことができます。

個人撮影の方法は、以下の通りです。

 

  • スマートフォンで撮影
  • 専用カメラで撮影
  • プロフォトグラファーによる撮影

スマートフォンで撮影

Googleストリートビューには、専用のスマホアプリが用意されています。

アプリをダウンロードするだけで、誰でもストリートビューを撮影して更新することが可能です。

専用カメラで撮影

ストリートビュー専用カメラを使うことで、より本格的な撮影をおこなえます。

多くの専用カメラがGoogleストリートビューアプリと連携しているので、ホームページなどに対してもストリートビューの公開や更新が可能です。

 

専用カメラなので初期導入時に費用はかかりますが、360°視点で高画質な映像を撮影できます。

プロフォトグラファーによる撮影も

Googleには、プロの認定フォトグラファーが存在しています。

約50枚以上のストリートビュー画像が承認されていないと、Googleから認定されないため映像品質は保証されています。

 

自分で撮影するのが不安な場合は、プロに依頼してしまうのも1つの手段です。

Googleストリートビューのメリットは?

さまざまな場面で活用されているGoogleストリートビューですが、メリットはあるのでしょうか?

 

おもなメリットは、以下のようになっています。

 

  • お店を体験できる
  • お店に迷わずたどりつける
  • 集客率アップにつながる

お店を体験できる

Googleストリートビュー最大のメリットは、お店を訪れたことのない人が店内の雰囲気などを体験できることです。

 

Googleストリートビューは、さまざまな視点で店内を見ることができるため、よりリアルにお店の詳細を把握できます。

 

トイレや喫煙、チャイルドスペースの有無など実際にお店に訪れる前に店内の状況を知りたい人も多いです。

 

店内の雰囲気がわからないためにお店の利用を諦めてしまうこともあるため、そのようなケースにも対応することができます。

お店に迷わずたどりつける

店内の雰囲気がわからないだけでなく、そもそもお店にたどりつけないという理由で利用を諦めているケースもあります。

 

Googleストリートビューによって、お店の周辺状況も公開しておけば迷わずにお店にたどりつけます。

 

視点を変えながらルート案内のようなかたちでリアルに道のりを確認できるため、お客様に優しいお店として印象づけられるでしょう。

集客率アップにつながる

店内の雰囲気を伝えたり、道案内をすることにGoogleストリートビューを活用することで、集客率アップにもつながります。

 

お店を知ってもらう前にお客様が諦めてしまっては意味がないので、Googleストリートビューを効率的に使用して、まずは、お店に訪れてもらうことが大切です。

Googleストリートビューでお店のアピールを

Googleストリートビューは比較的、簡単に撮影できてさまざまな場面で活用可能なことがわかりました。

 

Googleストリートビューは、お店のイメージアップのためにも重要になってくるため、丁寧かつ詳細に提示することが重要です。

 

集客率アップのためにも、Googleストリートビューを効率的に使用しましょう。

 

Googleストリートビューを利用して、効果的なお店のアピールをしてみてください。

Categories:

Tags:

Comments are closed